宅建業法は一般人を守るためにある法律

宅建業法の目的は一般消費者保護

宅建業法の目的

業者(不動産屋・経験知識十分) 一般消費者(経験知識乏しい)

  1. 免許制度
  2. 宅建業法(法規制)

一般消費者はどうしても被害にあいやすい。そこで、一般消費者を守るために不動産における免許制度と法規制が作られた

宅建業者の免許 自動車の免許と同じ

宅建業者の免許・・原則、免許がないと営業できない。例外:免許があれば営業できる。車の免許・・原則、運転禁止。例外:免許あれば運転できる。

業者免許がないと営業できない者とは、どんな人たち?

宅地建物取引業に該当する者

初回無料の体験レッスン

たくすくでは、入会される前に必ず無料の体験レッスン受講をお願いしています。

レッスンを受講してみて、「これなら合格できそう」「続けていけそう、きっと頑張れる」そう感じてほしいからです。

もちろん体験レッスン後に無理な勧誘や、その場で契約なんてことは一切ございません。

国家資格である宅建免許を取得できるかどうかは、あなたのキャリアに大きくかかわります。

しっかりと考えて頂いて、入学したいと思った時にあらためてご連絡下さい。こちらから、催促のメールや電話等は一切致しません。

初回無料レッスンを受けてみる

>ビデオチャット授業

ビデオチャット授業

宅建の本格レッスンを自宅のパソコンからビデオチャットを使って受けることが出来ます!